意外と簡単!?乾燥から肌を守る3つの方法

by: admin

熱過ぎるお風呂は危険かも?

冬になると寒さから熱めのお風呂に入る人も多いと思いますが、熱過ぎてしまうと肌の表面にある脂質が溶けて流れてしまいます。脂質は肌を乾燥から守ってくれる働きもあるので、落とし過ぎてしまうと乾燥が進みカサカサになってしまいます。また長湯も同じ様に乾燥しやすい肌になってしまうので、37℃から40℃くらいのお湯に20分前後浸かるのが良いと言われています。長時間湯船に浸かりたい時はぬるめのお湯で入る様にしてみて下さい。

部屋の湿度を上げよう

乾燥対策に加湿器を使っている人もたくさんいると思いますが、湿度を上げ過ぎてしまうと窓が結露したり、それが原因でカビが発生してしまう事も多い様です。部屋の湿度は60%前後が理想的と言われていますが、加湿器が手元にない人は濡らしたタオルをハンガーにかけて置くだけでも効果的なのでおすすめです。職場が乾燥気味だと感じている人はコップに水を入れておくだけでも効果があるので、是非実践してみて下さい。最近ではUSBケーブルで加湿出来るアイテムもあるので利用してみて下さい。

顔の乾燥にはやっぱり保湿!

お風呂に入った後に肌が乾燥していると感じる人は多いと思いますが、保湿をしっかりと行っていますか?まず肌に水分をたくさん入れる事で奥から潤ってハリのある肌になります。コットンなどで化粧水をたっぷり使うのも良いですが、家事などが忙しい人は化粧水が含まれているパックを利用しても良いと思います。そして、水分を入れた後は乳液や美容液などで蓋をする事が大切です。乳液などのクリームは量が多過ぎても良くないので、使用量を守って乾燥対策をしてみて下さい。

品川美容外科の告訴まとめサイト